導入事例

– INTERVIEW

全国の学生にアプローチ!これまで出会えなかったターゲット学生の母集団形成に成功

業界:産業用装置(工作機械・半導体製造装置・ロボットなど)

従業員数:599名(2022年7月現在)

採用課題

自社にマッチした人材の採用、理系学生の母集団形成

導入の決め手/狙い

キーワードでマッチした学生にアプローチできる

効果

これまで出会えなかったターゲット学生の母集団形成に成功

伸和コントロールズ株式会社

伸和コントロールズ株式会社はバルブや精密温調装置のメーカーとして、半導体製造を中心に医療、航空宇宙など、多岐にわたる分野に高い技術力で高品質な製品を提供しています。 装置事業では半導体製造に関わるチラーや空調装置を主力製品とし、創業から継続するバルブ事業では電磁弁やモータバルブを医療機器分野に提供しトップシェアを占めています。 日本のメーカーを支えるだけでなく、世界レベルのモノづくりをサポートしています。


経営企画本部
部長
伊藤 明徳

取材日:2022/05/24

自社にマッチした理系学生の採用に課題

ーTECH OFFERを導入するにあたって、採用上の課題はありましたか?

新卒採用に関してはこれまで毎年10名ほどの学生を採用できていました。しかし、正直入社後になかなか成果を出せずに退職してしまう方もいました。

原因としては自社の要望と学生のニーズがマッチした採用ができていなかったことがあると考えています。
例えば、開発部門ではこのような学科、専門性を持った人材が欲しいけれども、求める学科とは違う学生を採用したところミスマッチになったということがありました。

こうしたことから、現場のニーズをちゃんと聞いて、それに合った学生を採用できる活動にしたかったという思いがありました。
企業と学生の両方が満足できて、社員が全力で喜んで働けるような採用をしたいという思いがあります。

ただ、実際にそのような採用活動を目指したものの難しさも同時に感じました。
さまざまなイベントに出ても手応えがありませんし、募集しても来ないといった感じです。
文系採用は、某大学の講義に弊社の現会長や社長が講師を務めるといった関係があり、コンスタントに採用ができてはいたものの、理系採用はなかなか上手くいかない時期が続きました。

TECH OFFER導入前はさまざまな就活サイトを利用し、合同説明会などのイベントから直接全国の大学に説明に行っていましたが、なかなか応募までつながらず苦戦していましたね。

最終的には理系人材の母集団形成ができないというのも大きな課題でした。

有名大学の応募多数!院卒学生の魅力も再認識

ーTECH OFFERのどのような点を評価されていますか?

TECH OFFERを使い始めてから、理系学生に関してこれまで全然応募がなかったような有名大学の学生からも応募いただけるようになりました。
また、大手企業が本格的に動く前の段階から、弊社に目を留めてくれる機会も多くなり、面接の機会をたくさんいただけているのは、今までの採用活動とはガラッと変わったなという印象を受けています。

ーTECH OFFERは現在どのように活用されていますか?

弊社にマッチしそうな学生をキーワードや大学で絞り込んだ後、直接オファーを出させていただき、選考や面談の案内を行っています。

ーTECH OFFERを使ってみて率直な感想をお聞かせください。

これまで出会えていなかった理系の院卒の学生に出会えたことが効果として実感しています。

実は以前、院卒学生の採用をしていた時期もあったんですが、なかなか弊社とマッチする方がいらっしゃらなかったので、院卒の採用を見送っていた時期もあったんですね。
また、弊社で院卒の方をしっかりと育成できる体制が整っていなかったということもありました。

しかし、TECH OFFERでお会いできる院卒の方は自分の研究テーマに真剣に取り組み、その内容をしっかり伝えられる方が多く、面接をしていて非常に好印象でした。
弊社としても、自分の研究テーマに対してしっかりと勉強し、論理的に研究内容の考察やゴールをちゃんと伝えられる人材には非常に魅力を感じています。

改めて院卒の学生は優秀な方が多いなと再認識できましたので、TECH OFFERにはその点にも感謝しています。

ーTECH OFFERで出会った学生で、印象に残っているエピソードはありますか?

これまでターゲットに挙がらなかった大学の学生にも応募いただきましたが、教授や自分の研究テーマをしっかりと理解して、社会貢献も見据えて取り組んでいるような素晴らしい学生がいました。いろいろな学生に会いましたが、人としての魅力もそうですし、何に対してもひたむきで、ぜひ弊社に来て欲しいなと感じました。
残念ながらその学生達は内定を辞退してしまいましたが、このことから引き続きTECH OFFERを使って全国区の優秀な学生にアプローチしていく重要性を感じました。
弊社としては非常に価値を感じています。

ー本日は貴重なお時間をいただきありがとうございました。

一覧ページに戻る

まずはお気軽にご相談ください。

TECH OFFERのサービスについてのご質問、ご不明点、ご依頼などは下記ボタンからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム